トップ > 単行本 > たそがれの市 あの世お伽話
たそがれの市 あの世お伽話
たそがれの市 あの世お伽話

KADOKAWA 2017年10月28日 A5版並製 ISBN978-4-04-106048-3 装幀:大石由衣

作品名頁数初出誌巻号発行年月日掲載頁
第一話 紅の皿22p第1号(創刊号)2012.10.23p199~210
第二話 涙池22p第2号2013.4.25p199~210
第三話 思い出24p第3号2013.10.25p295~318
第四話 津波12p第4号2014.4.18p291~302
第五話 片袖衣12p第5号2014.11.28p423~434
第六話 再会12p第23号2015.6.30p265~276
第七話 井筒12p第24号2015.12.17p355~366
第八話 案山子12p第25号2016.6.30p293~304
第九話 馬市16p第26号2016.12.15p311~326
第十話 迎えの舟16p描き下ろし
第十一話 骨さらい14p第27号2017.6.29p393~406

ここは死人が集まる市。今日も曰くありげな生者が迷い込んできて……

死ぬと最初にたどり着くさびしい場所、それが「たそがれの市」。
自分が死んだと気付かない”大人のおいと”を見かけた少女のおきく。おきくはおいとにまとわりつく幽霊を遮り言う。「お前は元の場所に戻りな」と。神隠しとされていたおきくは、幼馴染のおいとと谷筋でもみ合ううちに――。たそがれの市でおきくの思いを知ったおいとは……(「第一話 紅の皿」)。ほか、病で先だった母が子を思う深い哀しみを描いた「第二話 涙池」や身分違いの恋と因縁を描いた「第三話 思い出」、津波に流されて命を落とした娘を探し求めて迎えにくる現代の家族との交流の物語「第四話 津波」など。

たそがれの市で、思いを残した死者と生者が交わるとき……生と死という壮大なテーマに向かい合った感動の全十一話。
本書のための描き下ろしも収録。

帰る場所

トップへ