トップ > 年譜
近藤ようこさんは…
1957年生まれ。1980年代から活躍する日本の女性漫画家。現代の平凡な人々のドラマと、中世日本を舞台にした一連の作品がある。
最近では坂口安吾の小説や津原泰水の小説を漫画化し、高い評価を得ている。また、着物を題材にしたエッセイも多数発表している。
1957年5月11日、新潟県新潟市にて生まれる。
小学校のとき、白土三平の「カムイ伝」を読んでショックを受け、漫画を描き始める。
1973年新潟県立新潟中央高等学校に入学。高橋留美子と共に漫画研究会を設立し、副部長として活動。
その一方、国文学者で民俗学者の折口信夫「死者の書」を読んで衝撃を受け、民俗学を学ぶことを志す。
1976年國學院大學文学部日本文学科に進学。
1979年大学在学中、『ガロ』に短篇「ものろおぐ」を投稿し、1979年5月号に掲載された。同年、『劇画アリス』に掲載された「灰色の風景」で実質的にデビュー。
※「ものろおぐ」をデビュー作とするプロフィールが多いが、この作品は投稿作品のため、『劇画アリス』に掲載された作品を実質デビュー作品とする。但し、「灰色の風景」より先に「かごめかごめ」が掲載されている。

國學院大學を卒業。1年間、渋谷の紀伊國屋書店に勤務しながら漫画を描く。

エロ劇画雑誌ブームの波に乗り、『劇画アリス』『漫画ダイナミック』『漫画エロス』『劇画スペシャル』などに次々と短篇作品を発表。同時に『ガロ』『マンガ奇想天外』『漫金超』など、独特な読者のいる雑誌にも作品を掲載。独自の作品世界をつくりあげていった。
1981年初の単行本「月夜見」が刊行される。
1983年「猫っかぶりゼネレーション」を『サンデーまんが』で連載開始。
1984年「見晴らしガ丘」シリーズを『漫画サンデー』で連載開始。東京近郊の私鉄沿いにある架空の新興住宅地を舞台に、複数の登場人物が登場する短篇連作が高い評価を得る。
1986年「見晴らしガ丘にて」で第15回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
『ASUKA』に「安寿と厨子王」を掲載。初の少女誌での連載となった。
1987年「遠くにありて」を『ビッグコミック』誌で連載開始。
1988年「水鏡綺譚」を『ASUKA』にて連載開始。
「HORIZEN BLUE」を『ガロ』にて連載開始。3誌で連載を抱えるという、売れっ子状態になる。
1989年「移り気本気」を『ビッグコミックフォアレディ』にて連載開始。ついに4誌で同時連載という快挙。
1990年「説経 小栗判官」を白泉社から描き下ろし単行本で発表。
1991年「ルームメイツ」を『ビッグコミック』誌で連載開始。
1993年マガジンハウスの『COMICアレ!』に短篇を掲載。
1994年『ビッグゴールド』誌に連作短篇を掲載。後に「心の迷宮」として単行本化される。
1995年「アカシアの道」を『週刊漫画アクション』で連載開始。
1996年「ルームメイツ」がテレビドラマ化される。
カタログハウス『通販生活特大号』に短篇を掲載。つげ義春の再録の後を受けたもの。
1999年『オフィス・ユー』に短篇を掲載。
2001年「アカシアの道」が松岡錠司監督により映画化される。
「鋼の娘」を『FEEL YOUNG』に連載。
2002年「絹の紐」を『マンガ・エロティクス・エフ』に連載。女性誌への進出が続く。
2003年着物を題材にしたコミックエッセイ「私たちの着物術」を刊行。以後、着物に関するエッセイを次々と出版する。
2004年『ASUKA』誌で連載が打ち切られた「水鏡綺譚」を大幅に加筆して完結させた。
2005年「兄帰る」を『ビッグコミック』で連載開始。
2007年「夜長姫と耳男」、2008年「桜の森の満開の下」と坂口安吾作品の漫画化を手がける。
2009年「兄帰る」がテレビドラマ化される。
2010年「ゆうやけ公園」を徳間書店のPR誌「本とも」にて連載。
2012年「恋スル古事記」を描き下ろしで刊行
坂口安吾原作「戦争と一人の女」を描き下ろしで刊行。初の個展も開催。
2013年津原泰水原作「五色の舟」を『月刊コミックビーム』にて連載開始。
「戦争と一人の女」が「2014このマンガを読め!」3位にランクイン。
2014年「五色の舟」が刊行される。「宝の嫁」新装版も同時にエンターブレインから刊行。また、2010年~2012年に連載した「異神変奏」がメディアファクトリーから刊行される。
「五色の舟」(原作:津原泰水)が第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。

※参考「後には脱兎のごとし」著者紹介

トップに戻る